コラーゲンペプチドとは?

ヒトの体の中で、最も多いタンパク質がコラーゲンになります。タンパク質のうち約30%を占め、皮膚や骨、軟骨、血管に多く分布します。細胞を包み込むように組織の構造を維持し、しなやかさや弾力を与えます。

collagen amount per bodycollagen location

コラーゲンは、三重らせん構造を有し、ひとつのらせんは約1000個のアミノ酸から形成されています。アミノ酸配列はグリシン(Gly:G)が3つ置きにGly-X-Y-Gly-X-Y と繰り返された構造をとり、YやXの位置にはプロリン(Pro:P)やヒドロキシプロリン(Hyp:O)が高い頻度で出現します。

コラーゲン、ゼラチンとコラーゲンペプチドの違いは何ですか?

生体内に存在するコラーゲンは三重らせん構造をとった高い分子量(分子量約30万)からなります。熱によりコラーゲンのらせん構造が解かれ、変性したものをゼラチン(分子量約10万)と呼びます。そのゼラチンを酵素などで小さく分解したものがコラーゲンペプチド(分子量2,000から5,000)となります。コラーゲンペプチドはゼラチンとは異なる物理的特性を有し、冷やしてもゼラチンのように固まる(ゲル化する)ことはありません。また、低分子であるコラーゲンペプチドは消化管で吸収されやすく、皮膚、関節及び骨の健康を向上させるために有効なジペプチドを効率よく各組織へ供給し、健康維持をサポートします。

collagen family

Wellnexコラーゲンペプチドは、豚、魚および牛を原料とし、独自の精製技術により、高い純度を実現させています。栄養補助食品、健康食品、食品、および薬用化粧品の原料として使用されております。また、独自のタンパク質分解技術によって、様々な分子量をもつコラーゲンペプチドや有効ジペプチドを多く含む機能性コラーゲンペプチドをご提供いたします。

Wellnexコラーゲンペプチドは高栄養を目的としたタンパク質補給と、特定のジペプチドを有することによる生理活性機能の2つの意味を持っています。機能性研究では、皮膚以外にも、関節や骨、筋肉などの健康を向上させる働きがあることがわかってきました。詳細は、こちらをご覧ください。